ホーム中国観光中国仏教買物案内役立情報中国養生お問い合わせ会社案内
諮詢中心

  中国業務代行

  アウトソーシング業務

    通訳派遣
    通訳業務
    ガイド派遣
    蘇州発空港送迎
    蘇州専用車チャーター

  上海発空港送迎

  上海レンタカー

  上海美人ガイド派遣

  ホテル案内

 
中国養生
 二十四式太極拳
 道教房中術
 茶禅一味
   中医気功養生入門

 
お役立情報
  蘇州周辺ゴルフ場
  上海医療機関一覧
  中国で銀行口座開設

 
中国名所
   世界水紀行 蘇州  
   江南水郷 西塘
   歴史名城  紹興 
   無錫旅情   
   蘇州夜曲     
    蘇州名所めぐり

 
リンク情報
     中国世界遺産網
     蘇州園林網
  人民日報日本語版
  人民中国
  日中新聞

 

  

 

         
 
 

江南水郷 西塘

 

    

   

  西塘は浙江省化嘉善県にある。春秋戦国時代に呉越が争ったところで、「呉根越角」と呼ばれる。元代の西塘は水に依り市となり、繁華な街が形成された。明清時代に西塘は手工業と商業で重要な町となった。光陰矢のごとし、西塘は歴史を走り抜けていった。

    西塘は地勢が平らで、川がいたるところにある。自然環境はきわめて幽雅。9本の川が町を8区画に分け、数多くの橋が架けられている。独特な地理的環境が「橋、横町、回廊、雨よけ」の格別の趣きを醸し出している。

    「小橋があり、水が流れる」は浙江省南部共通の特徴である。しかし、西塘では橋が特に多い。104の小橋は明清時代に造られた。アーチ型の橋は空に掛かる虹のようで、桁橋はフルートを思わせる。橋の上を歩き、「船が橋の下を通る」のを見て人々に思いを馳せる。

    家屋は川に沿って並んでいる。「門の前に街道、家の後ろに川、奥の長い路地が100本余りある」。建物や路地は西塘の歴史を物語っている。122本の路地は幅も長さもそれぞれ異なる。唯一変わらないのは、足元の石板だ。100年の風雪を経て磨がれ、奥深い光を反射し、灰色の壁と黒い瓦に映して古い町の変遷を教えてくれる。  

    浙江省の南部は雨が多い。そのため、独特な建築――廊棚(天井のついた回廊)が発明された。風をふさぎ、雨を避けるため、川岸の人々は門の前にある小さな石板が敷かれた道に天井を造った。その家も回廊でつながっている。水郷特有の建築物だ。西塘には今でも長さ1300mの回廊が残っている。

    1000年にわたる静かでゆったりとした雰囲気は、帰るのを忘れさせるほどだ。周荘、烏鎮は観光客がお起きが、西塘は自分のペースで緩やかな年輪の中に耽溺している。橋端や横町の隅で、飴をなめながら孫と遊ぶお年寄りの姿をよく目にした。洗濯したり、野菜を洗ったりしている農家の女性。町そのものが、生活を表現している。静かで穏やかな雰囲気、人々の平凡な暮らしの中にそれが秘められている。浙江省南部の古い町では、もうこうした雰囲気はない。都市から来る者に、純粋さと淡泊な情を感じさせてくれる。

    ユネスコ世界遺産センターのアラン・マランノス顧問は西塘を訪れた時、この町の風情をこう形容した。その情趣は笛のように柔らかで美しく、心を込めて仔細に味わなければならない町だと。  

西塘の地勢は平坦で、lllが隙問なく広がって、自然環境がとても静寂です。九つの川が鎮区で交流し、鎮区は八つの部分に分けられて、数多くの橋によって水郷も一体に繋がられています。昔では「九竜が玉を掬う」、「八つの方向からどこへも至る」と言われています。古い鎮区には完備に保存された明清時代の建築群は、高い芸術性と研究価値を持って国内外の古い建築を研究している専門家と学者に注目されます、全鎮を高いところで見下ろすと、至るところに緑の波が起伏し、家ごとが水に臨んで影が差し込みます。朝、小橋の下を水が流れ、薄い霧が糸のようで、両岸の壁が高く聳え、瓦葺の家がさかさまに影を映ります。夕方、タ日の光が斜めに照り映え、漁民が歌を歌い、灯火がきらきら光り、酒の香りが漂い溢れ、水郷古い鎮は画や詩のように美しい、人がこの美しいところに身を置いて、人は画の中で遊んでいるか、画は心の中で移っているかわからないです。

西端は小さい鎮とは言っても、ここでの郷士風味がある美食は旅客に味わいが尽きない感じをさせます。西塘は魚と米の故郷で、西塘の料理は河の中の水産を主材料とし、水産の作り方はいつも薪機軸を出し、さまざまな変化は人間を引き付けて、それぞれの飯店は水産を利用して違っている美味しいお勧め料理を作ります。いろいろな地元での風昧軽食例えば八珍の菓子、薬昧を入れたり豆、水豆腐などはおかずだけではなく、菓子ともします。 西塘のさまざまな風昧軽食を楽しみに行こう・・・・・

遠いところから西塘を見下ろすとしっくい塗りの壁と黛の瓦、舟の影と波の光が薄い霧に染められ、まるで薄い色の水墨画のようです。古い鎖に入ると、渡り廊下がうねうねと伸びて、路地裏が奥深くて静かで、古い歴史を思い出すような感じをします……

 

 
 

Copyright(c) 2007中国コンサルタントサ一ビスセンター All rights reserved