ホーム中国観光中国仏教買物案内役立情報中国養生お問い合わせ会社案内

 

 

 
 

 
  蘇州には、現在、世界文化遺産にも数えられる4大庭園がある。「拙政園」「留園」「獅子林」「滄浪亭」の4つである。どれもが、私家庭園をもとにする。
   蘇州の庭園文化は春秋戦国時代に始まった。宋代に現在のかたちが整い、明代に爛熟期をむかえる。文献によると、清代末には技巧を凝らした庭が何と170もあったという。
 現存する蘇州の庭は10数箇所だ。規模は様々で1haに満たないものから4、5haもの広さを持つ庭まである。造園芸術の粋が凝らされており、一見の価値がある。限られた「庭」というスペースの中に、山水や田園を表現し、田舎の風景を楽しめるよう配置されている。これは都市の生活者が、自然を恋う気持ちから生まれたのだという。
   蘇州の庭は、水を中心にしたものが多く、江南水郷の雅趣が感じられるものが多い。構造は精巧で、見かけは小さくとも、限りなく変化していく景色を思わせる。色彩は自然との調和を考え、白い壁・黒い瓦・鳶色の柱が中心である。


*「拙政園」・・・蘇州一の名園*

*「留園」・・・建物を取り入れた緊密美の極致*

 

 
     
 

 
     

 

諮詢中心

    交通案内

    空港に出迎え

    ガイド派遣

    通訳派遣

    通訳業務

    ガイド派遣

    ショッピング

    ホテル案内

中国養生
 二十四式太極拳
 道教房中術
 茶禅一味

お役立情報
  中国業務代行
  上海医療機関一覧
  中国で銀行口座開設
  アウトソーシング業務

  中国概況:
     中国地形
     中国河川
     中国気候
     自然地理
     民族風情
 
リンク情報
     中国世界遺産網
     蘇州園林網

   E-mail to me
   

          

 

Copyright(c) 2007中国コンサルタントサ一ビスセンター All rights reserved